畠中先生のコラム

言葉や考えは、蓄積した分だけ表に出る

2016年06月11日

人はみな、インプットした分だけアウトプットします。

幼い頃からディズニーの英語DVDをずっと見せていると、3歳になった頃には英語ペラペラになった例はよく聞きます。

中学生になり、私の塾に通い始めたある生徒は、私の塾に講師としてきている外国人と英会話レッスンをするようになりました。始めは「もうずっと英語をしゃべってないから無理だよ」「もう話せないよ」と言っていましたが、初めこそたどたどしく話していましたが、数回レッスンを重ねるだけで、もう私が会話についていけないほどのスピードで会話をするようになっていました。

幼い頃にインプットしたことは、何年たっても蓄積されていて、きっかけ次第ですぐに思い出すことができるという証拠です。私たち大人も、自転車に数年間乗っていなくとも、ちょっとコツさえつかめば乗ることができますよね。

よく「うちの子、国語力がないのでは?」という声を聞きます。

計算は公文に通わせたりそろばんに通わせたりして、計算に長けていく状況は地域に整備されていますが、国語力をつける状況は地域にはまだまだ少ないものです。ですから、親の影響力が高くなると言えます。

そのときには「インプットした分だけアウトプット」を知っておいてもらいたい。

つまり、私たちは、インプット(自分の中に蓄えた)分だけアウトプット(表出する)できるということです。国語力がないと感じる理由に、感想文で出来事ばかり書いてしまい、心情や気持ちを書くことができないことや、本を読んで感想を書くときに書く量が少なかったり、いつも「楽しかったです」しか書いていなかったり、文章問題になると極端にやる気がなくなったりするといったことが挙げられます。

私たち親が、子どもたちに対して、いろいろな言葉で話していくことが最も大切です。楽しかったね!だけではなく、〜〜がおもしろかったとか、ワクワクしたとか、ドキドキしたとか、我が子がジェットコースターに乗る順番をいまかいまかと待っているときに「ドキドキするねえ」と言ってあげると、「あ、この気持ちがドキドキっていうんだ」と学んでいくのです。

国語力は、親の持っている語彙力とおおむね等しくなっていきます。親の言葉の数だけ、子どもの言葉と感情、考えが増えていくのです。いろいろな言葉を使って話していきましょう。清々しい!って言葉を使っていますか?せつないって言葉も使っていますか?

 

カテゴリ: 

PAGE TOP

夫婦間の子育ての考え方は違ってもいい

2016年05月14日

子育てにかかわる講演の仕事をしていますと、夫婦間の子育てに対する考え方の違いに悩む方からの相談を受けることがあります。

私は、子どもにしつけから厳しくするんですけど、主人が「たまの休みくらいいいじゃないか」と言って、子どもと外に出かけては、なんでも買ってあげたりするんです。普段、子どもが私に対して、あれ買ってこれ買ってって言っても私はダメと言うんですが、それを主人は簡単に「いいよ」と言って買ってしまう。これじゃ、困るんです。

このように、夫婦間で考え方が違うことはよくあります。

それは、夫婦でよく話し合ってお互い譲歩したりしながら、あなた個人の考えから、家の考え、家のルールというものを作らなければなりません。家のルールに従って、子どもたちを育てていくのです。

しかし、共働きが多い昨今、家のルールをしっかり決める時間もないかもしれません。上記の相談をしてくる人は、概ね、夫婦での会話が少なくなっていることが主な原因となって引き起こされています。

家のルールを決めることはできないけれど、夫婦間の考えの相違をうめられない場合、我が子に対してどのように言葉をかけたら良いでしょうか。

例えば、学校で嫌なことがあって落ち込んだ我が子にお母さんが声をかけ、我が子はやる気を取り戻したとします。しかし、仕事から帰ってきたお父さんがその話を聞くなり、「なんだ、そのくらいのことで落ち込むんじゃない」と一喝し、我が子は再び落ち込んでしまったとします。お母さんは「せっかくやる気になったのに」とがっかりするかもしれませんし、お父さんを責めたくなるかもしれません。そんなとき我が子に、こんなふうに声をかけてみます。

「世の中にはね、いろんなことを言う人がいるんだよ。あなたを慰めてくれる人もいれば、バカにする人だっている。だから誰が何を言っても、あなたが自分で立ち上がらなきゃね」

「なんで、そんなことを言うの!」と、お父さんを責めてもいけません。お父さんもお母さんに対して「なんでそんなふうに育てるんだ」と責めてもいけません。夫婦で責め合うと、子どもは「自分のせいで両親が責め合っている」と自分を責め、ますます親に対して心を開いてくれなくなります。

夫婦の間は決して否定せず、そんなことは世の中で普通に起こりうることであることを我が子に伝え、優しい言葉をかけるだけでなく、我が子が自分の足でたくましく歩んでいけるかかわりをすることが、親の役目だと思います。

 

カテゴリ: 

PAGE TOP

月1回 更新します

2016年04月05日

これからのコラムは、私自身がやってきたこと、実践してきたことの中から、いくつかの考えを述べてまいりたいと思います。

それが皆様のお役に立つかどうかはわかりませんが、考えるきっかけの一つになってもらえたら幸いです。

今後は月1回程度、更新していきます

カテゴリ: 

PAGE TOP

全員、合格・・・ホッ

2016年03月18日

高校受験は、中学生にとって最初の受験なので、大学受験より簡単といっても結果が出るまで気が気ではありません。「余裕やったで」って言っていた子どもたちも、合格したら「やったわ!」「合格した〜〜」「ヘッヘッヘ」と、皆一様に表情を和らげるので、それは見えないプレッシャーがあったのだと思います。よく頑張りました。

全員、希望のところに合格したので、ホッとしています。

今年の中3も何名か、安全圏でもない高校にチャレンジした生徒がいました。年々、公立高校の倍率が下がってきたとは言え、チャレンジしたい!っていう生徒に限って、倍率が高い高校になるものです。笑)ドキドキしながら講師の皆さんも待っているわけで、「合格しました」と言いながら生徒が教室に入ってくると、みんな安堵の表情を浮かべます。この瞬間、たったこの瞬間だけなのですが、たったこの瞬間の「良かったね!」を言ってあげるために、先生方も私たちも職務に励んでいるわけですね。

しみじみ、良かったと、噛み締めているところです。

カテゴリ: 

PAGE TOP

本年もよろしくお願い致します

2016年01月10日

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
子どもたちも元気に塾に来ています。お正月が終われば、みんな願書を書いてすぐに受験直前モードになりますね。受験がまだまだ先の子どもたちはのんびりしていますが、数年前に比べると教室の中は随分引き締まったなあって思います。

ちゃんと勉強しに来ています。笑
当たり前のことですが、塾ってところは行ったところでちゃんと勉強しているとは限らないからです。友達としゃべったり、1日の終わりに塾ですから疲れ果ててやる気がない子もいますしね。だから塾へ行ってもなかなか成績が上がらないケースがたくさんありました。数年前はそんな生徒も少しはいましたが、昨年からそんなケースはなくなったと思えます。僕が全力で褒めて全力で叱ったりするからということもあると思いますが、何より、先生方が親身になって子どもたちに付き合ってくれる。この気持ちによって子どもたちは支えられているということを忘れてはならない。今年一年は、そのように感謝の気持ちを持って頑張っていこうと思います。

カテゴリ: 

PAGE TOP