畠中先生のコラム

習い事は、一に運動、二に運動

2016年11月16日

小学生時代、どんな習い事をさせたらいいのかというご相談を受けることがあります。最近は幼少期にどんな習い事がいいかとまで相談を受けるようになってきました。将来、英語が必要だと思うから英語をさせようとか、スポーツで頑張ってほしいから体操教室にしようかとか、芸術的感覚を養うために絵画教室にしようとか。

基本的には、親がさせてみたいことをひとつひとつさせてみたら良いと思います。幼少期および小学生の時期の子どもたちはまだまだいろいろな可能性があるからです。計算に長けているかもしれない。身体の使い方に長けているかもしれないし、スタミナがあるかもしれない。愛想が素敵かもしれないし、手先が器用かもしれない。小学生までは、あなたのお子さんがいったいどんな能力があるのかを見ていく時期でもあるのです。

そして最も大事なことは、子どもの時期はインプットの時期であるということ。とにかくいろいろな経験や情報が子どもたちの中にインプットされるようにする。そのインプットの内容によって我が子が成長していくに連れてアウトプットされることが決まります。

しかしながら、親というのは欲張ってしまうもので、あれやこれやと詰め込んで習い事をさせてしまう方もいます。ここが少し注意してほしい点ですが、習いごとは詰め込まないこと。夕飯を車の中で食べながら次の習いごとへ移動したりして、ヘトヘトになっては学習効果が薄れてしまいます。

ならば、何に絞って習い事をしたら良いか!

運動です。スポーツです。

運動と脳の発達には、密接な関係があることがわかってきました。運動することで脳は発達する。水泳、体操、野球、サッカー、陸上、なんでもいいかもしれませんが、子どもたちが楽しんで、しかも程よく疲れきってしまうくらいの運動をさせてあげてほしいと思います。そしてできるなら、いろいろなスポーツをかじる。スポーツによって、体の動かし方は違います。

いつも同じ動きをするスポーツではなく、いろいろな動きをするスポーツをする。これが脳の発達には効果的なのだそうです。

カテゴリ: 

PAGE TOP