畠中先生のコラム

5年間の御礼

2015年11月30日

2015年11月、ついに塾に通う子どもたちが100名になりました。
開校以来、たくさんの方々にご支持いただいた結果です。私の指導方針に至らないところも多々あったにもかかわらず、信じて大切なお子様を預けていただいたこと、この上ない感謝の気持ちでいっぱいです。

私も一人息子を持つ親として、保護者の方々との面談で涙を浮かべることもあり、保護者の方々の気持ちを感じ取りながら、子どもたちの発達に伴う苦労や葛藤にも寄り添いながら、その時その時で、必要なことをしてまいりました。おかげ様で「相談があるのですが」と、私を訪ねて来てくださる方が増えたり、一度、塾をお辞めになってもまた戻ってこられたり、いよいよ地域の皆様にご支持いただくこともできたのかなと嬉しく思っています。

私は今年、多忙を極めておりまして、東京へ行くことはもちろん全国津々浦々、講演会に勤しむ毎日です。しかし、私と開校以来ともに頑張ってきた村田副室長が私の一番弟子として、子どもたちを見守って指導しております。そして何かの際には、必ず私自身が飛んでいきます。

「先生、本当にお忙しそうですね、お体気をつけてくださいね、お身体壊したりして辞めないでくださいね」

そんなことを保護者の方に言われてしまいました。
大丈夫。私はずっとこの教室にいて、子どもたちを節目節目でしっかり支えていきます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
まずはこれまで本当にありがとうございました。

カテゴリ: 

PAGE TOP