畠中先生のコラム

満席の悩み

2015年05月22日

いよいよ中間テストが始まりますが、教室は今までとは違った変化が起きています。

実は今年はGW前から自習にくる生徒で満席なのです。5月に入っても、大入袋を出さなきゃいけないほどの状態が続いています。時に、自習をしている生徒に「ここまでで次の生徒に譲ってくれる?」と声をかけて家に帰ってもらうこともあるくらい。

いったいどういうことでしょう・・・

テスト直前のここ数日は、僕の居場所すらありません。僕の席でも勉強しているから。椅子という椅子はすべて子どもたちが座り、先生が立って授業をする風景も出たくらい。笑 このままでは本当にウチの塾に入会したいという生徒が入れなくなります。こんなにたくさんの子どもたちがこの部屋を必要としてくれていること。先生の手作りの教材をコピーして問題演習に励み、友達と教え合い、先生をつかまえて質問し、フル活用しています。ワイワイしているように感じるかもしれませんが、塾長である僕は、怒るとめちゃめりゃ怖いので絶対に騒いだり遊んだりしません。

それでいて、僕も含めたスタッフのユーモアあふれる子どもたちとのかかわりが、緊張感をほぐしてくれるから、真剣に勉強に取り組むことができるけど、なんか楽しいという雰囲気を作り出しているのでしょう。本当によく通ってくれます。嬉しいです。

カテゴリ: 

PAGE TOP

やる気になったね・・・

2015年05月20日

中学1年生の最初に「これが中学の勉強だ!」「一生懸命やるってここまでやることだ!」「妥協しないってこういうことなんだ!」・・・それらを教えることこそ、私の塾の役割です。残念ながらこれは私の塾にしかできない。自信をもって言えます。

ようやくやる気になった中1生は、今では「先生、あのプリントください」「もう一回テストしてください」と自ら先生を活用するようになりました。ここまでくると、この生徒たちは自ら勉強するようになります。「俺も、そのテストする!」と、友達が勉強しているプリントを見て自分もやり始めたり。

みんな、やる気になったね。
途中、自習している生徒の集中が切れて教室が騒がしくなったときに、教室に響き渡る声で僕が怒りましたがそのあとは、よく引き締まった顔で勉強に向かっていました。テストが終わったら遊びに行っていいからね。今は、必死に、できる限りの力を出しなさい。

カテゴリ: 

PAGE TOP

中学1年生ロックオン!

2015年05月16日

中1生への授業に手こずっています。笑
中学校のテストがどのくらいのレベルなのか、京都の高校入試の仕組みを考えると今からある程度の成績を確保しなければならないこととか、小学校のときの勉強の仕方を変えなきゃいけないこととか、な〜〜〜〜〜んもわかってませんからね。のんきに勉強して「ぼく、結構頑張っています」って言います。

こらーーーーーーーーーっ!

と言いたくなりますが、そんなの無理もありません。
先のことがわからないのが子どもですから。

徹底的に勉強させます。
嫌がる中1生を塾に残し「ここまでやることが勉強なんだ!」と、絶対に全部の単語を覚えるまで帰さない、計算がすべて満点になるまで次の問題に進まないなど、妥協をしない姿勢を教えています。

何回も何回も、何回も何回も、何回も何回も徹底的にやらされますが、嫌がる顔つきは最初だけ。しばらくすると、子どもたち一人ひとりが「ここまできたら絶対に帰るぞ」という顔つきに変わっていくんです。誰もが、塾に居残りになりたくないものです。でもどれだけ嫌がってもふてくされても、家に帰る方法は全問正解するしか道はない。いつかその現実を受け入れるんです。その現実を受け入れたとき、子どもの顔つきは「やってやるぞ」に変わります。これこそが、やる気スイッチON!

全問正解して帰宅する生徒は「終わった〜〜、帰れる〜〜」と言いながら、どこか晴れやかな顔つきに。お疲れさん!これが勉強だよ。これが「頑張る」ってことだよ。これが「一生懸命」ってことだよ。

カテゴリ: 

PAGE TOP

すみません。多忙を極めております。

2015年05月06日

4月はコラムをお休み。休むつもりはなかったのですが、気づいたら5月でした。おかげさまでとにかく忙しくしております。毎週のように東京へ行ったり講演会に呼ばれたり。仕事をいただくことはとってもありがたく、ただ身体だけは無理をしないようにと気にする毎日です。

新年度を迎え、教室では新しくなった顔ぶれの子どもたちがゆっくりと勉強に勤しんでいました。先生も新しく変わり、少しずつ授業も上手になってきました。来たるべき中間テストに備え、さあいよいよギアチェンジです。

GWが終わるまでは、穏やかでもの静かな教室です。のんびりしているのも今のうちだぞ〜〜!笑

カテゴリ: 

PAGE TOP