畠中先生のコラム

久しぶりのコラムで

2012年09月01日

あっというまに9月になりました。8月というのは、夏期講習一色で大変忙しい毎日を過ごしていました。毎日毎日、朝から晩までたくさんの生徒が教室にいましたので、ずっと誰かとしゃべっている毎日だったような・・

8月の1ヶ月間、長い夏期講習はなかなか大変です。まず、夏休みに入った直後から、毎日のような塾通いが受け入れられず、「ああ、憂鬱だ」といった空気が多くの生徒から感じられるので、一人ひとりにかかわりながらやる気を出させていきます。これがまた大変な仕事です。この、やる気を出させる・・って簡単に言えますけど、相当難しい。受験生でも難しい生徒は難しい。だから、毎日毎日あきらめずにあの手この手でかかわっていました。イベントをしたり、ほんのたまに楽しいことをしてあげたり、しかし勉強をしに来ているのだから遊ばすわけにもいかず、休憩時間に楽しい雰囲気を作りながら、子どもたちのモチベーションを維持することに全力を使った感じでした。

子どもたちも毎日のように勉強しに来ますが、「先生も毎日いるな」と生徒に言われるような先生もいました。毎日毎日、教室で頑張って授業をしている先生も多く、貴重な時間をいくら勤務とは言え、子どもたちのために尽力していただくことができました。

おかげで夏休みの後半には、その雰囲気にのまれてくれたのか、自分で勉強する姿勢が見られる生徒が多くなり、先生がいないと勉強できないとか先生に頑張ってもらわないと勉強できないという個別指導の弱点を脱却する生徒が増えました。2学期に期待したいところです。

この1ヶ月、保護者の方々から感謝されることもあればお叱りを受けることもあり、また、子どもたちの悩みに真剣に向き合ったり進路を真剣に話し合ったり、教室のあり方を根本から見直したり、僕自身が勉強に出かけたり、いろいろな出来事やチャレンジがありました。奇跡に思えるくらい嬉しいことがあれば、悲しくてたまらないこともありました。今から思えば、どれも僕らがさらに成長するために必要なことばかりでした。毎日のように授業や自習に通った生徒にとっては、学校のように通ってくれた1ヶ月です。僕たちと一緒にいろいろな出来事を通して、彼らもなんだかひと回り大きくなったような気がします。

さて、もう2学期が始まっています。
どんな2学期にしていけるか、楽しみです。

カテゴリ: 

PAGE TOP