畠中先生のコラム

大仁田厚さんが来られました!

2011年08月05日

大仁田厚さんと一緒に。

なんと、本日は、大仁田厚さんが塾に来られました。僕自身が取材を受けるためだったのですが、僕のお願いを聞いてくださり、授業と授業の合間の休憩時間を少々使って、大仁田さんに子どもたちの前でお話をしていただきました。突然の訪問でしたので、充分な告知ができず、子どもたちは突然の事態に驚いていたかもしれません。

こういった普段接することのない方からのお話を聞いたり、触れ合ったりする時間は貴重なものです。学習塾ですが、子どもたちには、こうした経験をたくさんしてもらいたいと日頃から思っていたので、 すごくいい機会になりました。子どもたちは、どう反応していいかわからなかったと思いますが。(笑)

僕は常々、自分の夢ややりたいことは、自分ひとりの力だけでできるものではなく、いろいろな人たちとのご縁や引き立ててもらったりすることで、実現させてもらえるのだと思っています。この塾をオープンできたこともそう。私のお師匠さんとも言うべき人のおかげで、そして、協力してくださった方々が無理をしてくれたおかげでできたことですから。

今回の大仁田さんとの出会いを通して、食事にまで招待していただくことになり、今後のご縁を結ばせていただくことは、大変幸せなことだなあと思っています。先日、俳優の名高達男さんにも、舞台に招待していただき、楽屋にまで入れていただいてしばらくお話させていただいたことも貴重な機会でしたし、本当にありがたいことだなあと思っています。こうしていろいろな人と交流を深めさせてもらうことで、「自分」という人としての器も変わっていったり、磨かれていく毎日がとても楽しいですね。

それにしても大仁田さんは、政治家でもありましたので、話をしていて楽しかった。 僕の考えもまだまだ小さいなと痛感しました。やっぱり、もっともっと思いっきり生きていかないと!思いっきり楽しく生きないとね!

カテゴリ: 

PAGE TOP

ガラス拭き、ありがとう!

2011年08月03日

今日は、中3の生徒が2人、窓ガラスを一生懸命拭き掃除してくれました。
ありがたいことです。

「あれ?ここまだ拭けてないなあ」 と、ぶつぶつ言うだけの私ですが、それでも頑張っていました。
かわいいですね。

ありがとう。きれいになりました。

カテゴリ: 

PAGE TOP

授業は、楽しく真剣に。

2011年08月02日

私は昔、中学校で理科や数学を教えていた学校の先生だったので、この夏休みに集団授業を始めています。
夏休みでは、理科だけ教えていますが、なかなか楽しいもんです。

「先生、こんなのやってません」って言う中3。
そんなわけないでしょう。中1の単元のプリントですから。(笑)
やってないんじゃなくて、あなただけやってない、もしくは知らないだけです。
そんなやりとりが楽しいです。

特に学力の低い子は、勉強が嫌いだし、集中力も乏しい。
そんな子どもたちを長時間、勉強に向いてもらうには、先生の授業の組み立てはもちろんのこと、楽しませるようなパフォーマンス力も求められます。「お、おもしろいな」って思ってもらえれば、先生が話すことも聞いてくれるし、指示してもやってみようって思ってくれる。そして、勉強に向かえば、それは真剣に取り組めるように妥協しない姿勢で、真剣さあふれる雰囲気作りをします。

授業って、楽しく真剣にやることなんですよね。真剣だけの90分はしんどいときもありますから。
もちろん、真剣だけの90分をずっと続けられるなら、それにこしたことはないんですけれどね。

カテゴリ: 

PAGE TOP